〒460-0008 名古屋市中区栄五丁目22-22

MAP
TEL:052-251-5066/FAX:052-251-5460

名古屋市中区の産婦人科|性病・更年期障害・子宮頸がん・ピル

性病について

ホーム»  性病について

性行為感染症(STD)とは??

性行為感染症(STD)とは、セックスやキスなどの性行為によってうつる病気のことです。性行為時、性器と性器が直接ふれあうことで感染しますが、淋菌やクラミジアなどの病原体はオーラルセックスで口や喉にもうつることがあります。また、エイズの場合は、血液や体液が傷口や性器の粘液などを通じて体内に入り込んで感染します。
性行為感染症には以下のものがあります。

  • 淋菌(りんきん)
  • クラミジア
  • 梅毒(ばいどく)
  • HIV感染症・エイズ
  • そ径リンパ肉芽腫
  • 尖圭(せんけい)コンジローム
  • 単純ヘルペス
  • カンジダ症
  • 軟性下疳(なんせいげかん)
  • トリコモナス症
  • 毛虱(けじらみ)
  • 疥癬(かいせん)
  • 伝染性軟属腫
  • ウイルス性肝炎 など

※中には性行為ではなく感染する病気もあります。エイズウイルス(HIV)や肝炎ウイルスは、輸血や血液製剤、注射針の使い回しなどによっても感染することがあります。また、お母さんより赤ちゃんに感染する「母子感染」によってもあります。

特に今、10~30代の女性の間ではクラミジア感染症が急増しています。あまり自覚症状がないため、感染したことに気づかない人が多く、パートナーにも感染してしまっていることが多くみられます。クラミジアに感染し、治療してない人は、さまざまな病気への引き金となることもありますので正しい知識が必要なのです。

性感染症の特徴

  • 感染しても自覚症状が出ない場合が多く、感染に気づきにくい。
  • 潜伏期間があり、その間も他への感染の可能性がある。(潜伏期間については同ホームページ“よくある質問”をご覧ください。)
  • セックスパートナーへの感染率は高い。

クラミジア感染症って??

性器粘膜で感染を起こす“クラミジア・トラコマチス”という病原体に感染している病気です。クラミジア・トラコマチスが眼の粘膜に感染してトラコーマという結膜炎を起こしたり、妊娠時に感染した場合は、赤ちゃんの呼吸器に感染して肺炎(クラミジア肺炎)を起こすこともあります。
早期に治療しないと、不妊症・子宮外妊娠・流産の原因になったり、エイズ感染しやすくなるといわれています。日本では、約100万人が感染していると推定され、「世界で最も患者数が多い性感染症」と言われています。

発症時期

女性⇒性行為から1~3週間後
男性⇒性行為から1~3週間後

自覚症状

女性⇒無症状が80%、膣の分泌物・排尿時や性行為時の痛み・下腹部の鈍痛など
男性⇒無症状が50~60%、尿道炎症状(尿道口から少量の分泌物・尿道のかゆみ・排尿時の違和感や、痛み)睾丸の圧痛・痛みなど

経過

女性⇒子宮頸管炎・子宮内膜炎・卵管炎・骨盤腹膜炎などに進行、不妊症・流産などの原因になる。
男性⇒尿道炎から精巣上体炎・陰嚢の腫れなど、不妊症の原因になる。

検査方法

女性はおりものを検出、男性は尿検査やペニスから出る膿をとって検査します。

治療方法

抗生物質で治療。クラミジア感染症に効果の高い抗生物質の服用で治療が可能です。医師の指示に従って内服しましょう。しかし、不完全な治療をしたり、医師や薬剤師の指示通り薬を服用しなかったり自分の判断で服用を中止したりするのは厳禁です。その後の治療で抗生物質の効果に影響する恐れがあります。

※最近では、1回の服用で、高い治療効果が得られるタイプもあり、薬を携帯して何度も飲む必要がなくなりました。
*パートナーも治療、理解と協力が大切です!!再感染を防ぐため、パートナーも同時に治療することが大切です。もし、パートナーが複数あるような場合は、再感染が起こりやすいので、2ヶ月に1回はクラミジア・トラコマチスにかかってないかを調べたほうが良いでしょう。
治療終了後に、治っているかどうか再検査を忘れずに受けましょう。
完治するまで性行為は避けましょう。

淋菌感染症って??

淋菌感染症とは、淋菌感染者とのセックスで性器に感染するほか、オーラルセックスで口、喉にも感染します。感染経路・症状・感染の広がり方はクラミジア感染と似ており、検査方法や治療方法もほぼ同じです。

自覚症状

女性⇒ほとんど無症状、膣炎や頸管炎を起こし、黄色いおりものが増える。
男性⇒感染者の90%で排尿時に痛みを感じたり、尿道から膿(うみ)が出る症状が出ると言われています。
男性女性とも口の中の感染ではほとんど症状は出ません。

経過

クラミジア感染症と経過は同じで放っておくと、女性は膣から子宮頸管炎、卵管、さらに腹腔に広がります。症状が進行すると下腹部痛や性交痛が起こることがありますし、将来、妊娠しにくくなったり、子宮外妊娠、流産、早産の原因になったり、生まれてくる赤ちゃんに悪影響を与える可能性があります。
男性は炎症が尿道から精巣へ進むと、無精子症になることがあります。

検査方法

クラミジア感染症と同じで、女性はおりものにて検査、男性は尿またはペニスから出る膿(うみ)をとって検査します。

治療方法

単回点滴による治療(点滴静注)が基本です。

性器ヘルペスウイルス感染症って??

単純ヘルペスというウイルスが原因です。感染者とのセックスで感染します。だだし、感染しても発症しない場合があります。

症状

外陰部に小さな水泡(すいほう)ができ、水泡が破れるとびらん(ただれ)になります。外陰部の違和感から始まり、ピリピリした痛みを感じます。水泡が破れると排尿時や入浴時などに激しい痛みを生じます。ひどい場合にはリンパ腺が腫れたり、熱が出たりすることもあります。

治療方法

無治療でも3~4週間で自然治癒する場合もありますが、塗り薬と飲み薬を用いることで早く治ります。初感染の場合は、重症化しやすく点滴投与することもあります。一度発症すると同じ場所に再発することがあります。

尖圭(せんけい)コンジロームって何??

ヒトパピローマウイルスが感染者とのセックスで性器に感染します。感染していても発症しないことがあります。女性によくみられます。

症状

外陰部に小さないぼ(腫瘤しゅりゅう)が数個できます。痛みはほとんどありませんが、そのままにしておくと、いぼが徐々に大きくなりながら数を増し、外陰部から膣へと広がります。

治療方法

レーザー、切除(当院では回復が早い切除法にて治療します。)

トリコモナス膣炎って??

トリコモナス原虫が感染者とのセックスによって性器に感染し発症します。まれに、浴場やプールで感染することもあります。

症状

おりものが増え、外陰部がかゆくなることがありますが、無症状の場合もあります。

検査方法

おりものをスライドガラスにとり顕微鏡にて検査します。

治療方法

飲み薬や膣坐薬で治療します。

梅毒って何??

梅毒トレポネーマという病原体が感染者とのセックスによって感染します。お母さんが梅毒に感染していると、赤ちゃんも感染します。

症状

1期梅毒⇒感染後3週間で感染箇所(女性は外陰、男性はペニス・陰嚢)に小さなしこりができ、潰瘍に進展しますが、気がつかないことが多いです。
2期梅毒⇒感染後3ヶ月で全身に梅毒特有の湿疹が出現します。放置していると内蔵・心血管・中枢神経など全身の器官が侵される事があります。感染後20年ぐらいしてから神経梅毒や心血管梅毒を発症することもあります。無治療のまま妊娠すると流産や死産が起きやすく、無事に生まれてきた赤ちゃんにも梅毒の症状が出ます。

検査方法

採血にて血液検査

治療方法

ペニシリン系抗生物質が良く効き、4~12週間治療します。その後血液検査を行います。

HIV感染・エイズって??

HIV(ヒト免疫不全ウイルスの略称)というウイルスがエイズの原因です。このウイルスは血液、精液(男性)、膣分泌液(女性)にいます。
感染者とのセックスで感染することが多いですが他に薬物濫用(注射器の使い回し)、感染者の血液から作られた血液製剤の使用などでも感染します。妊娠中や出産時に母子感染することもあります。

潜伏期間

数年~十数年にわたります。

症状

HIVに感染してもエイズを発症するまでには何年もかかります。(上記潜伏期間参照)症状は出ませんが、他の人に感染することがあります。やがてHIVが増殖し始めると、からだの免疫機能が低下してさまざまな感染症に繰り返しかかるようになります。(日和見感染といいます。)この段階でエイズが発症したことになります。症状が進むと神経症状や悪性腫瘍、全身衰弱などが合併して死に至ります。

検査方法

採血にて血液検査(HIVにかかっているかどうかと、エイズが発症しているかの検査があります。)

治療方法

飲み薬による治療が基本ですが、最近ではエイズ発症を遅らせたり、免疫機能を維持・回復することが可能な薬が用いられるようになりました。