〒460-0008 名古屋市中区栄五丁目22-22

MAP
TEL:052-251-5066/FAX:052-251-5460

名古屋市中区の産婦人科|性病・更年期障害・子宮頸がん・ピル

診療案内

ホーム»  診療案内

診療内容

性病について

性病とは、セックスやキスなどの性行為によってうつる病気のことです。
性行為時、性器と性器が直接ふれあうことで感染しますが、淋菌やクラミジアなどの病原体はオーラルセックスで口や喉にもうつることがあります。
また、エイズの場合は、血液や体液が傷口や性器の粘液などを通じて体内に入り込んで感染します。

アフターモーニングピル

緊急避妊ピルとは、避妊をしないで性行為をしてしまった、コンドームが破れてしまったなどの妊娠に失敗した場合に避妊を防止するための方法です。
この時に使用するピルは経口避妊ピルと同様のホルモン剤ですが、同じ使い方をするのではなく、緊急避妊用として使用します。

ピルについて

経口避妊薬(ピル)は最も確実な避妊法です。
半年に一度副作用の検査を受ければ安心して服用できます。

人工妊娠中絶について

人工妊娠中絶とは、何らかの理由で妊娠が継続できない場合に、手術によって妊娠を中断する方法です。
5分程度で終了する手術ですが、子宮損傷(子宮頸管裂傷、子宮穿孔)、出血、感染等の合併症を引き起こさないよう細心の注意と準備がなされていなければなりません。

更年期障害について

更年期症状とは、閉経前後に現れるトラブルのことで症状には個人差があり、閉経する年齢(日本人閉経平均年齢約50~51歳)より5年位前より症状が現れ、閉経後何年も続くことがあります。

ウイルスワクチンについて

当院では、子宮頸がんの主な原因である、HPV16型および18型の感染を未然に防ぐ「サーバリックス」の接種、HPV6型、11型、16型、18型の感染を未然に防ぐ「ガーダシル」の接種が可能です。
ご希望又は、ご相談の方は受付までお申し出ください。