〒460-0008 名古屋市中区栄五丁目22-22

MAP
TEL:052-251-5066/FAX:052-251-5460

名古屋市中区の産婦人科|性病・更年期障害・子宮頸がん・ピル

更年期障害とは

ホーム»  更年期障害とは

更年期症状とは?

更年期症状とは、閉経前後に現れるトラブルのことで症状には個人差があり、閉経する年齢(日本人閉経平均年齢約50~51歳)より5年位前より症状が現れ、閉経後何年も続くことがあります。

主な症状

眼の疲れ・眩暈(めまい)・頭痛・不眠・いらいら・不安感・憂鬱(ゆううつ)感・無気力・耳鳴り・ほてりやのぼせ・肌のトラブル・腰や手足の冷え・手足の関節痛・背中や腰の痛み・骨粗しょう症などです。

更年期の症状は、女性ホルモンの低下や体質だけではなく、環境や性格など影響します。そのため個人差が大きく症状も異なるので、まず産婦人科を受診されることをおすすめします。

更年期症状の治療法とは?

足りなくなった女性ホルモンを補う『ホルモン補充療法』があります。

  • ほてり・発汗・冷え・動悸・めまい・のぼせ
    *更年期症状の訴えに一番多い症状です。女性ホルモンの分泌が乱れると自律神経にも影響し、体温・発汗などの調整のコントロールを乱し、これらの症状が起こります。このような自律神経失調症状にもホルモン療法が効果的です。
  • 不眠・いらいら感・憂鬱・気分の落ち込み
    *更年期症状には、精神的なトラブルも現れることがあります。精神的トラブルは身体の変化に伴い、体調の悪さ・生活の変化など様々なストレスが影響し症状が起こると思われます。このような精神的症状にもホルモン療法は効果があります。
  • 首や肩こり・背中痛・腰痛・手足関節痛
    *女性ホルモンは関節の働きを滑らかにし筋肉の衰えを防止する働きがあり、女性ホルモンの低下は肌荒れや乾燥肌の原因にもなります。
  • 膣炎・性交痛
    *女性ホルモンの低下は膣や子宮・外陰部・乳房などが萎縮し、皮膚や粘膜が薄くなり潤いがなくなりやすくなります。そのため膣などは乾き抵抗力が失われ、炎症(萎縮性膣炎)が起こりやすくなります。それにより性交時痛みを生じるのです。ホルモンを補充することで皮膚・粘膜の状態を良くし膣に潤いを与えることで、膣炎などを防止することが出来ます。
  • 骨粗しょう症
    *骨からカルシウムが失われるトラブルで女性ホルモンが減少することで、進行します。ホルモン療法はカルシウムの流出を防ぐ作用があり、骨祖しょう症の予防効果及び治療にも効果的です。

その他女性ホルモンには様々な働きがあるため、ホルモン療法を上手に利用してください。しかし、効果には個人差があり、またその方の症状によって薬の種類や、服薬方法・服薬量等異なります。産婦人科の主治医と相談して様子を見ながら試してみても良いでしょう。またホルモン療法を始めたら、主治医の指示に従ってきちんと薬を服用してください。不規則な飲み方をしていると不正出血を起こす場合があり、治療にも影響します。